ぼちぼち旅行Blog

旅行好きでDVCメンバーになり、飛行機、ホテルステータスを狙っている主婦のブログです。日々の出来事もぼちぼち書いていこうかな♪

2019年12月 コモド&バリ島旅行 準備編④ ~ バリでの宿泊は無料宿泊でリッツカールトンに連泊♪ までの長い道のり・・・ ~

こんにちは!saoです。

 

今年の年末はコモド島とバリ島で過ごす予定です。

コモド島のホテルも決まって、次はバリのホテルをどうしようか?

マリオットチタン会員修行も兼ねているので、マリオット系のホテルと決めています。

 

ホテルをいろいろと検討していく中、リッツ・カールトン・バリのカテゴリーが6であることに気が付きました。

カテゴリーはホテルのランクのような物で。マリオット系列ではカテゴリー1から8まであります。

日本のホテルのカテゴリーはこちらをどうぞ ↓

www.saotrip.com

 

マリオットに泊まるとポイントが貯まります。

宿泊での支払い$1に対して10マリオットポイントです。

他にもボーナスポイントなどが付きます。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

貯まったポイントはホテル宿泊に使えます。

宿泊に必要ポイント数はカテゴリーにより分けられます。

※2019年8月時点ではオフピーク・ピークの適用は無し

 

カテゴリー6=50,000ポイントまでのホテルに1泊無料できる特典があるクレジットカードあります。

SPGアメックスです。

このカードの年会費は31,000円(税別)とお高いのですが、カード更新時に50000ポイントまでのホテルに1泊無料宿泊券を頂けます。

 

どうせ使うなら年会費以上のホテルに泊まりたいよね~

と、当初は無料宿泊特典を5月に行った香港のホテルに使う予定でしたが、更に宿泊料金の高い9月旅行のモナコ&ニースのホテルに変更しました。

(旦那さんの分と2名義あります)

 

旦那さん名義で予約していたモナコのホテル(37,000円)がベストレート申請が通って26,000円と安くなりました。

これなら、ここで使うのはもったいないので他にまわそう。

 

年末に行くバリのリッツカールトンカテゴリー6で泊まれるからそちらに変更しましょう!

無料宿泊は公式サイトから予約・変更が出来るので電話することなくスムーズに変更できました。

年末はキャンセル不可の料金でも80,000円~とお高いです。

f:id:saotrip:20190731220129p:plain

最安値のお部屋でも100㎡あります♪

年会費の倍以上のホテルに泊まれたし、これは価値があるな~

クラブラウンジは有料だけど宿泊が無料だから付けなきゃ!

と旦那さんと話をしていたら、「私名義で予約しているニースのホテル(40,000円)もこっちに変えて連泊する?」

と嬉しい提案です。

 

「ニース&モナコが宿泊代だけでかなり高くなるよ~」と思いましたが、無料宿泊だからできる贅沢だしな~と予約変更することにします。

 

ここからが大変でした。

まず、無料宿泊で予約していたニース・メリディアンホテルの宿泊を通常料金で確保する必要があるのですが、この日は以前から満室状態で中々予約が出来ませんでした。

(無料宿泊を手放しても空きが出るかどうか・・・)

日々、確認していると最安値の部屋が出たところをすかさず抑えました。

40,000円ほどですが、まぁいいでしょう。

この時点でニースのホテルを無料宿泊1件と有償宿泊1件の2件分を抑えています。

 

これで、ニースは大丈夫。

次にバリのリッツの空き状況を確認します。

f:id:saotrip:20190731220927p:plain

9月の状況ですが。ポイント使用で検索すると、空きが無い日は利用不可と出ます。

f:id:saotrip:20190731221022p:plain

今の所12月は全日大丈夫のようです。

f:id:saotrip:20190731221126p:plain

日にち指定で確認して空室がある事を確認します。

(旦那さんの無料宿泊の予約変更時はこのまま進めて予約できました。)

 

よし、次にニース・メリディアンホテルの無料分をキャンセルします。

キャンセルすると即座に無料宿泊券は返ってきます。

f:id:saotrip:20190801200333p:plain 

では、バリ・リッツを予約します。

無料宿泊を利用する。にレ点を入れてクリックすると~

f:id:saotrip:20190801200435p:plain

??? 満室? どういうこと?

f:id:saotrip:20190731222019p:plain

通常料金で見てみると、確かに最安値のサワンガンスイートはありません・・・

f:id:saotrip:20190731222132p:plain

でも、スペシャルオファー(朝食付き)プランだとその部屋が出てきます。

部屋自体はあるんだ・・・

ホテルにより無料宿泊の割り当て数を決めているところがあるのも分かっています。

 

私・・・ニースのホテルキャンセルしちゃったよね・・・

慌ててニース・メリディアンホテルを見てみても、その日は満室でどの部屋の空きもありません。

さっきキャンセルした分はどこに行ったの~?

無料宿泊がどこにも使えていない状況になっています。

どうしよう・・・

やっちゃったかもしれない・・・

夜遅くに操作したのでカスタマーセンターに電話は出来ません。

 

 翌日、朝一にカスタマーセンターへ電話を入れてみます。

まずは何事も無かったかのように、無料宿泊を使ったバリ・リッツの予約をお願いします。

「ご予約できます。お部屋のベッドはダブルかツインかどちらがいいですか~」とどんどん進んでいきます。

(良かった~これで、無事に泊まれる♪)

ガっ!

「申しわけありません端末のエラーが出てしまっているようで、少々お待ちください」

「はい!(予約できるならいつまでも待ちますよ~←心の声)

 何度か操作されてエラーが出るので、一旦電話を切って連絡を待ちます。

やっぱりダメなのかな・・・でも、空室があるって言ってたしな~

 

5分ほどで電話がかかってきました。

「sao様お待たせいたしました。申しわけございませんが、あいにくその日は対象のお部屋に空きがない為、無料宿泊はご利用いただけません」

「・・・そうですか・・・」

対象の部屋自体に空きがある事(朝食付きパッケージ)、ホテル予約サイトでは無料宿泊対象の部屋が出ていること、を告げてみましたが、「ホテル自体が決めている枠なので・・・」

と、回答されました。

当たり前のお答えですよね。

ホテル側が悪いわけでも、電話担当の方が悪いわけでもないのです。

強いて言うならば空室が無いのにあるように見えたシステムの不備かな?

 

ここで、お願いをして見ます。

「実は・・・この無料宿泊でニースのホテルを予約していたんです。こちらのホテル(バリ)に変更する為にニースをキャンセルしたんです。システム上では空室があるようになっていましたので・・・

その、ニースのホテルも空室が無く再予約できない状況になっているんです・・・

他のサイトでは対象のお部屋(バリ・リッツ)が予約できる状況のようなので、一度ホテル側に聞いてみていただけませんでしょうか?」

とクレーマーにならないように、でもシステムのせいで私は困っているんだよ~ということをお伝えしてお願いします。

 

こちらが思わんとしていることを汲み取ってくれたのか担当くれた方は即座に「ホテルに連絡とってみます。折り返しの連絡はホテルよりおこないますが、よろしいでしょうか?」

と言っていただけました。

 

この言い方で多分ホテルに掛け合ってくれるんだろな~というのが伝わりました。

これでダメなら仕方ない。

翌日、ホテルからお返事が来ました。

Please be advised that we have limited availability on this date, however special for this case we have overide the availability and has created the reservation for you on ※※ Dec for 1 night at Sawangan Junior Suite using the Redemption stay.

「空室は無いけれども特別に用意しました。」

と丁寧なメールを頂きました。

f:id:saotrip:20190801204112p:plain

良かった~

これで、ゆったりホテルを楽しめれる♪

こんなことにならないように最初から電話で変更をお願いすればよかった。

次からはそうしましょう。

 

後はバリの1泊分の予約とジャカルタの1泊の予約です。

バリの1泊は節約を兼ねてシェラトンに泊まります。

節約なので、ベストレートです♪

今までとは違ったパターンになりましたので、次のブログで書いていきます、

では、また~(^-^)/


海外ランキング