ぼちぼち旅行Blog

旅行好きでDVCメンバーになり、飛行機、ホテルステータスを狙っている主婦のブログです。日々の出来事もぼちぼち書いていこうかな♪

世界一の朝食でお馴染みの神戸北野ホテルに宿泊してきました♪① 異人館に泊まっている。そんなホテルです☆彡

こんにちは!saoです。

 

GoToトラベルが始まる前の7月中旬に、sao母にとってもお得に行けるようになるよ。

こんな時だから行きたいプチ高級なホテルに泊まってみれば!

と話したところ、世界一の朝食で有名な神戸北野ホテルに行ってみたい。

との事でした。

 

母の友達も行きたいということで母+友達2名での3名の予約を代理で入れました。

当初は朝食のみのプランでGoTo割引前17,000円(1人当たり)のプランを予約をしていました。

(GoTo割引後11,000円程になります。)

それが、2食付きで21,887円(3名1室の1人あたり料金)

GoTo割引後で14,226円です

2食付きこのお値段はあり得ない破格価格です。

 

旅行が近づいた8月下旬、コロナが再び猛威を振るってきた頃に母の友達の一人が家族からの反対にあい、行けなくなりました。

それは仕方の無いことなので、2名で取り直そうと色々プランを探したのですが、料金がむちゃくちゃ上がってる~

お部屋をランクを落として、朝食のみのプランに替えても、20,000円(1人料金)ほどします。

2食付きにすると1人10,000円以上のアップです。

 

これはもったいないので、急遽私が行くことにします。

(母からの誕生日プレゼントで泊まらせてもらいました♪)

 

今回のブログではホテルの外観・ロビーなどを紹介します。

f:id:saotrip:20200910203500j:plain

北野ホテル三宮駅から徒歩15分ほどです。

といっても駅から向かう場合は坂を上って行かなければいけないので、徒歩はお勧めしません。

タクシーで740円でした。

f:id:saotrip:20200910203437j:plain

イギリスのマナーハウスをイメージしたレンガ造りの建物です。

オーベルジュ「宿泊できるレストラン」です。

f:id:saotrip:20200910203427j:plain

ツタの絡まり具合が素敵です。

f:id:saotrip:20200910203418j:plain

この場所は日本最古のオリーブ園「国営神戸阿利襪(オリーブ)園」だったんです。

f:id:saotrip:20200910203423j:plain

オリーブを摘んでいるようなオブジェがあります。

f:id:saotrip:20200910203441j:plain

間もなく収穫の時期を迎えそうです。

f:id:saotrip:20200910203451j:plain

館内に入るときれいな生花が出迎えてくれます。

ドアマンがいるようなイメージをしていましたが、それは無かったです。

(コロナ対策かもしれません)

f:id:saotrip:20200910203404j:plain

入って左にフロントがあります。

2か所しかないので、時間帯によっては混みあうかも。

f:id:saotrip:20200910203401j:plain

ロビーにはソファがあるので、ゆったりと待つことが出来ます。

f:id:saotrip:20200910203356j:plain

暖炉もあり、洋館の雰囲気がグッと上がります。

f:id:saotrip:20200910203352j:plain

あの大きな熊は何でしょう?

f:id:saotrip:20200910203348j:plain

向かいに座ってお話したくなるお顔です。

(置いてある用紙はコロナ対策についてです。)

f:id:saotrip:20200910203455j:plain

幸せを呼ぶくまさんルレ吉くんです。

ルレ?と思い調べてみると、レストランオーナーのサークルのようなもので、入会するのに厳格な審査があるそうなのですが、日本で初めて加盟を認められたのが北野ホテルです。

更に、総支配人で総料理長山口 浩シェフルレ・エ・シャトーグランシェフの称号を得ています。

www.relaischateaux.jp

f:id:saotrip:20200910203340j:plain

お部屋へ向かう螺旋階段が素敵です。

f:id:saotrip:20200910203344j:plain

ついつい上から眺めたくなります。

f:id:saotrip:20200910214048j:plain

夜の雰囲気も素敵です。

f:id:saotrip:20200910214348j:plain
クリスマスの飾りがしてある時期だと、ホント外国の洋館に来ているようなそんな気分になれるはず。

 

次のブログではお部屋の様子を紹介します、

では、また~(^-^)/