2021年10月 青森旅行・2日目後半 ~ 十和田湖遊覧船からの紅葉は素晴らしい!! ~

こんにちは!saoです。

 

紅葉のシーズンに青森奥入瀬に行って見たい!

と言う母の希望を叶える為、ピークであろう10月下旬に行ってきました~

紅葉のピークであろう日でしたが、平日のせいか観光客が少ない・・・

おかげで遊覧船からの紅葉を満喫できました。

f:id:saotrip:20211102203220j:plain

午前中はホテル主催のガイドツアーに参加しました。

奥入瀬渓流の真ん中辺りで散策終了するのが11:30の予定

(その後ホテルへ戻り解散するのが11:50)

少し早めに切り上げて11:20の十和田湖行きのバスに乗れるようにお願いしました。

(参加者が他にいなかったのでお願いできました。)

f:id:saotrip:20211103204048j:plain

十和田湖と言えば遊覧船が定番ですが、遊覧船の出発時間はさほど多くありません。

また、十和田湖までバスで行く。

と言う場合は帰りのバスの時間も調べておかないと、帰れない・・・

なんてことになりかねませんよ~

青森・八戸-奥入瀬・十和田湖(みずうみ号・おいらせ号) ※2021/4/13からの時刻表 | 路線バス|JRバス東北【公式HP】|高速バス 仙台-新宿 3列シート車3000円~

 

遊覧船の乗船場所は2か所あります。

子ノ口休屋です。

奥入瀬渓流に近いのは子ノ口になります。

ここから乗船した場合は休屋行きのみです。

 

休屋から乗った場合は一周して休屋に戻ってくるルートと、子ノ口迄行くルートがあります。

 

バスで奥入瀬から十和田湖に行った場合は遊覧船に休屋から子ノ口まで。子ノ口からバスで奥入瀬方面に戻る。

車で行った場合は遊覧船は休屋から1周するのがいいです。

f:id:saotrip:20211103221700j:plain

休屋の場合、遊覧船のチケットはバスを降りてすぐの所で購入できます。

バスが到着すると、お店から定員さんが出てきて遊覧船のチケットここで売ってますよ~

と声をかけてくれます。

料金は大人1,430円です。

が、公式サイトに割引券があるので忘れずに用意しましょう。

十和田湖遊覧船~おぐら・半島巡り・休屋・子ノ口~|十和田観光電鉄株式会社

公式サイトには印刷して持参するように。と書いてありますがすっかり忘れていた・・・

お金を支払うときに思い出して、「公式サイトに割引券~」と言いかけると、売り場のおじさんが「はいはい~と1人1340円になるよ~」と割り引いてくれました。

ありがたい。

(たまたまの対応なので、できれば事前に用意しましょう。)

f:id:saotrip:20211103203222j:plain

遊覧船に乗る頃にはきれいな青空になっていました。

f:id:saotrip:20211103203226j:plain

十和田湖は、青森県秋田県をまたがる湖です。

f:id:saotrip:20211103203229j:plain

12:15出発の子ノ口行きの便に乗ります。

2階が座席になっていて自由席です。

時間ギリギリに行ったのですが、3組くらいがいらっしゃいました。

f:id:saotrip:20211103231846j:plain
f:id:saotrip:20211103203236j:plain

3階もあるのですが、こちらはグリーン室で追加料金を支払うことで利用できます。

f:id:saotrip:20211103203231j:plain

ゆったりした座席で座り心地も良さそう。

しかも誰もいない・・・

という事で追加料金を支払ってこちらを利用しました。

(追加料金は出発後集金に来られます。)

f:id:saotrip:20211103203234j:plain

出発~

誰もいないのでマスクも取れるし、見たい所へ移動できるしホント良かったです。

f:id:saotrip:20211103203238j:plain

船は岸の近い場所を通るので色とりどりの紅葉を間近に楽しめれます。

f:id:saotrip:20211103203240j:plain

少し遠いのですが、高村光太郎の作品『乙女の像』も見ることが出来ます。

しばし遊覧船からの景色をお楽しみください。

f:id:saotrip:20211103203243j:plain

f:id:saotrip:20211103203245j:plain

f:id:saotrip:20211103203248j:plain

f:id:saotrip:20211103203251j:plain

f:id:saotrip:20211103203255j:plain

f:id:saotrip:20211103232735j:plain

f:id:saotrip:20211103232742j:plain

50分とたっぷり湖からの紅葉を楽しめれました。
遊覧船からだと景色もそんなにたのしめれるのかな~
なんて思っていましたが、乗って良かった~

天気にも恵まれて本当に最高でした。

f:id:saotrip:20211103203224j:plain

休屋から子ノ口に向かうときは右側・子の口から休屋に向かう時は左側の座席に座りましょう。

子の口に向かう場合は最前列の右側が最高ですが、取れない場合は前方より右端の席を優先してください。

混雑時で中央辺りの席しか取れなかった場合は、甲板に出て景色を楽しむのもいいですよ~

f:id:saotrip:20211104103131j:plain

13:28 子ノ口発のバスに乗りホテルへ戻ります。

バスの中から奥入瀬の車窓観光を楽しめれます。

f:id:saotrip:20211104103133j:plain

奥入瀬を散策する場合は、渓流ホテル側から十和田湖に向かうのがお勧めだそうです。

渓流は十和田湖から渓流ホテル側に流れているので、それに向かって歩く方がより流れを楽しみながら歩けます。

(ガイドさんからの情報です)

十和田湖と渓流ホテルは標高差が200mあるので、坂道になっているのでは?

と思われるかもしれませんが、散策してる間は標高差は殆ど感じませんでした。

(ホテル内の移動の坂道が一番大きかったくらいです)

f:id:saotrip:20211104102627j:plain

子ノ口のバス停からホテルのあるバス停焼山までは30分の道のりです。

山の中ですが、ほぼカーブも無くゆっくりと走ってくれるので酔う心配はありませんでした。

(景色を見やすいようにわざとゆっくり走ってるのかな~)

aomori-oirase.com

焼山のバス停前には渓流の駅(いわゆる道の駅)があり、軽食を食べることが出来ます。

ヒメマス定食やせんべい汁がいただけるのでランチにちょうどいいです。

(冬季期間はお休みなので注意です)

f:id:saotrip:20211104110509j:plain

リンゴやお土産物も販売しています。

f:id:saotrip:20211104102630j:plain

奥入瀬渓流ホテルの外観が可愛らしいですね。

渓流と逆側の部屋だと中が見えちゃいそうで気になりますが・・・

f:id:saotrip:20211104102632j:plain

ホテル主催のツアーの一つにオープンバスがあります。

紅葉との距離が近くでこちらも楽しそう。

このバスのツアーはホテルから十和田湖子ノ口までを往復します。

十和田湖でトイレ休憩がありますが、それ以外は全て車窓観光になるそうです。

f:id:saotrip:20211104111339j:plain

画像出典:温泉|星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル【公式】

温泉内の写真禁止の為↑写真は公式サイトよりお借りしました。

ホテルに戻った後は館内の温泉を楽しみます。

連泊ならではですが、チェックイン時間帯前のお風呂は貸し切りでした。

紅葉を眺めながら入る温泉は格別です。

 

こちらのホテルには外湯があり、森林浴を楽しみながら入れるのですが、休業中でした。

次に行った時は入ってみたいですね。

f:id:saotrip:20211104102637j:plain

温泉を楽しんだ後、部屋でくつろいでいると急に雨が降ってきました。

夕立のようなものでしたが、快晴の天気予報であっても急な雨が降ります。

この日の星空観測ツアーも雨の為中止でした。

これだけが心残りです。

f:id:saotrip:20211104111858j:plain

夕食後はまったりラウンジでくつろぎます。

f:id:saotrip:20211104111900j:plain

暖炉の日は落ち着きますね。

このブログに動画を乗せれたらいいのに~

インスタグラムでは動画も載せているので興味ある方はどうぞ♪

奥入瀬ホテルの外観の写真の所にあります。

https://www.instagram.com/sao.95.s/

f:id:saotrip:20211104111902j:plain

2日目は紅葉を満喫しすぎるほど楽しみました。

明日はチェックアウトして青森市内へ向かいます。

その前に早朝の「紅葉最前線ツアー」に参加しました。

行った時期に見れる最高の紅葉スポットに連れて行ってくれます。

 

次のブログで紹介しますね

では、また~(^-^)/