ぼちぼち旅行Blog

旅行好きでDVCメンバーになり、飛行機、ホテルステータスを狙っている主婦のブログです。日々の出来事もぼちぼち書いていこうかな♪

DVC(ディズニーバケーションクラブ)バケーションポイントを使っての予約・キャンセルについての注意点

こんにちは!saoです。

 

2016年4月にDVC(ディズニーバケーションクラブ)に入会しました。

 ホームはアウラニで200ポイント保持しています。

今回のブログではバケーションポイントでの予約・キャンセルについて書いていきます。

DVCポイントには色々とルールがあり、わかってるつもりでもあれっ?と思うことが出で来るので自分なりにまとめていきます。

f:id:saotrip:20200428211140j:plain

DVCについてはこちらをどうぞ ↓

DVCディズニーバケーションクラブに入会して1年半 ~DVCって?~ - ぼちぼち旅行Blog

DVCディズニーバケーションクラブに入会して1年半 ~入会して分かった事~ - ぼちぼち旅行Blog

    

目次

 

ポイントはいつ付くの? 

 これは、人により異なります。

自分で選べるものではありません。

毎年自動的に指定月に付与されます。

この指定月の事をユースイヤーと言います。

(私の場合のユースイヤーは12月です)

f:id:saotrip:20200428212442j:plain

このユースイヤーはとっても大事なので、しっかりと覚えておきましょう。

公式サイトにログインするとすぐに確認できますよ~。

 

ここからポイントの説明をしていきますが、分かりやすく1月1日に付与される場合で記述していきます。

自分のユースイヤーにより日にちをずらして考えてください。

 

ポイントの有効期限は?

 1年間です。

f:id:saotrip:20200428213958j:plain

※分かりやすく1月がユースイヤーの場合で表を作りました。

但し、繰越、前借が出来るので最大3年分をまとめて利用することが出来ます。

f:id:saotrip:20200428214131j:plain

2020年1月に付与されたポイントは2020年12月31日までの有効期限となります。

もし、2020年は旅行自粛でどこにも行かないよ~

そういった場合は繰越が出来ます。

 

2020年に豪華に使いたい!

でも、1年に付与されるポイント数だけでは足りない!

そういった場合は前借ができます。

 繰越

・ユースイヤーの4か月前までに手続きが必要です。

(1月がユースイヤーの場合は8月31日が手続き期限です。)

※注意点:一旦繰越したポイントは元のユースイヤーに戻すことが出来ません。

例)2020年のポイントを2021年に繰り越しました。

その後、やっぱり2020年中に使いたい!と思っても戻すことは出来ません。

 ・繰越は1年しか出来ません。

2020年のポイントを2021年に繰り越した場合、再繰り越しは出来ません。

 

 前借

 ・前借が出来るのは1年先の分だけです。

2020年に前借できるのは2021年のポイント数のみで2022年の分は出来ません。

 

・一旦前借した分を元のユースイヤーに戻すことは出来ません。

2020年に豪華に旅行しようと思い、前借したけどやっぱり行けなくなった・・・

ポイントを2021年に戻すことは出来ません。

キャンセルは出来ますが、2020年12月31日までに使用しなければいけません。

 

 ・前借は予約時のみ出来る

繰越と異なり前借はこのホテルに使いたい。と予約する時に必要ポイントのみ利用できます。

(それ以外で前借することは無いと思うのですが念のため・・・)

 

※一旦移動した繰越・前借は戻すことは出来ない。

そう把握しておきましょう。

繰越・前借をうまく利用するとポイント数がたくさん必要なクルーズ参加や広い部屋・連泊などを楽しむことが出来ます。

 

 

 キャンセルした時のポイントはどうなる?

 

キャンセル時のポイントの扱いはキャンセルした日にちにより3パターンあります

*チェックインから31日前:元のユースイヤーに戻ります。

(繰越・前借をしたポイントでも、繰り越し後・前借後のユースイヤーです。)

*チェックインから30日前~前日まで:ホールディングアカウントに移行。

(ホールディングアカウント:チェックインの60日以降にしか使えないポイント)

*前日:ポイントの没収

日本から行く場合は当日キャンセルになることは稀だと思います。

日本出発前に何かあり行けなくなった時は忘れずに連絡しましょう。

 

f:id:saotrip:20200428224521p:plain

キャンセルは31日前までにしないとかなり使いにくいポイントになりそうです。

DVCのホテルは60日前では予約が結構難しいのです。

もし、ホールディングアカウントにポイントがある場合は公式サイトに60日前に空室のあるホテル一覧があるので活用しましょう。

 

 海外旅行となると航空券の準備なども必要になるので結構前もっての準備が必要になります。

数年分の旅行計画を立てておくのをお勧めします。

ポイントが使いきれなくて日本のディズニーホテルで使わなければいけない~

と言った残念な使い方になります。

 

ミラコスタ・アンバサダーと言った日本のホテルでも使えるのですが、かなり割高になります。

やむを得ない場合は仕方ないのですが、日本のホテルで使うのはお勧めできません。

 

キャンセル時のポイントの扱いですが、コロナウィルスの影響で臨時休業している場合は特別措置が取られます。

一部のメンバー様は、臨時休業期間中にあたる日程で、失効予定のポイントをお使い、ディズニー・バケーション・クラブ・リゾートでの宿泊を、ご予約されておられます。2019年4月と6月のユースイヤーのポイントをお持ちで、2020年に失効予定のポイントを、臨時休業期間中の宿泊予約に使用された場合、該当するポイントの有効期限を現在の期限より1年延長させていただきます。
次に、2018年4月と6月のユースイヤーのポイントを2019年度に繰越され、臨時休業期間中の宿泊予約に使用されたポイントについては、有効期限を現在の期限より 6 ヵ月延長させていただきます。 この方針は、3月12日から営業が再開されるまでの期間中の、宿泊予約に使用された失効予定のポイントを対象とし、且つご予約を2月29日以降にキャンセルされた場合に限り適用されます。また、ディズニー・バケーション・クラブは、メンバー様に空室を確保するため、失効予定のデベロッパー・ポイントの有効期限は延長いたしません。

出典:DVCメンバーサイト

 少し分かりづらい文章ですが、繰り越しの分は半年・通常の分は1年間有効期限が伸びるようです。

 

いつ再開させるかは分かりませんが、ポイントが失効される心配が無くなったので安心して予約が出来ます。

 11月に行くカリフォルニアディズニーに行く予定をしています。

 何とか再開してくれるのを願っています。

 

では、また~(^-^)/