2021年1月 京都MITSUI朝食・レストランー都季ーランチを紹介します。

こんにちは!saoです。

 

今年初のお泊りは京都MITSUIです。

ホント素敵なスタッフの方が多くて満足度の高い滞在になりました。

f:id:saotrip:20210109214501j:plain

今回の宿泊は母の誕生日祝いも兼ねているので、ちょっと贅沢にホテル内で食事を取ろう。と検討します。

 

京都MITSUI内のレストランは2か所+バーラウンジがあります。

 

イタリア料理  FORNI

京都と同じく豊かな⾃然が育む地元⾷材に恵まれたイタリア。イタリア語で複数の窯(かま)を表す「FORNI(フォルニ)」は、薪窯で焼き上げるピッツァから本格的なグリル料理まで、幅広いイタリア料理をご提供いたします。モダンに昇華した和の空間で、きめ細やかなおもてなしとともにイタリア料理をご堪能ください。

引用:FORNI|レストラン&バー|HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイト

パスタ・ピザをはじめとしたイタリア料理のレストランです。

薪窯で焼いたピザ美味しそう♪

 

ランチであれば4,500円・6,500円・8,500円と意外と手が届く範囲となっています。

と言ってもサービス料金15%+消費税10%が加算されるので結構なお値段になりますが・・・

嬉しいのはここからマリオット会員割引(1月中ならプラチナ以上なら30%引き)が適用されるのです。

4,500円のコースなら4,000円弱になります。

 

お値段的にはここがいいのですが、でも高齢の母にはちょっと重いかも・・・

 

ガストロノミー鉄板  都季-toki-

⽬の前に広がる⽔景とその奥に臨む⽇本庭園。京都の四季の移ろいを感じながら、特別な時間をお過ごしいただける「都季−TOKI−」。伝統的な⽇本建築を踏襲しつつ現代的なデザインで構成した空間の中で、フランス料理と⽇本料理それぞれの⾷材と調理法を融合・昇華させ、素材の⼒を存分に引き出した、新たな鉄板料理をご提供いたします。

引用:都季 -TOKI-|レストラン&バー|HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイト

鉄板焼きがメインのレストランですが、ランチなら和食っぽい松花堂も頂けます。

ランチは松花堂7,000円・鉄板焼きのコース8,000円・12,000円・16,000円と贅沢な気分が味わえるお値段が揃っています。

もちろんここからサービス料金15%+消費税10%が加算されます。

 

そして残念な事にこちらのレストランはマリオット割引対象外です(´;ω;`)

とってもとっても残念ですが、このホテルで和食っぽいものを頂けるのはこのランチの松花堂しか無い・・・

幸い一休レストランから予約出来たので、GOTOイートで貯まっていたポイントを利用しました。

 

丁度、一休レストランがタイムセール(1月13日迄の予約:利用日は先の日付でもOK)をやっていて更にお得に頂けました~

f:id:saotrip:20210109221241j:plain

restaurant.ikyu.com

 

バーラウンジ THE GARDEN BAR

春は桜、夏は⻘葉、秋は紅葉、冬は雪景⾊と、季節の移ろいとともに変化する本ホテルの⽇本庭園。「THE GARDEN BAR」では⻩昏とともにライトアップされる⽇本庭園を眺めながら、くつろぎの時間をお過ごしいただけます。

引用:THE GARDEN BAR|レストラン&バー|HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイト

こちらで昼間はアフターヌーンティや軽食を頂くことが出来ます。

f:id:saotrip:20210109221935j:plain

アフターヌーンティにしようか悩んだのですが、やはり和食がいい。と言う母の希望を優先しました。

 

ランチを終えるとすぐにお部屋に入れるように遅めの13:00に予約しました。

f:id:saotrip:20210109214542j:plain

和モダンな雰囲気を感じます。

f:id:saotrip:20210109214507j:plain

このご時世ですが、ランチは賑わっていて8割ほど席が埋まっていました。

なので、店内全体を写すのは控えました。

座席はお庭のすぐ側のテーブル席・通路を挟んだソファ席・1段高い所にある鉄板焼きのカウンターの席と3タイプあります。

f:id:saotrip:20210109214504j:plain

用意されているナフキンの雰囲気から違います。

f:id:saotrip:20210109214510j:plain

今回は窓際のお庭が見える席に案内していただきました。

予約したのはワンドリンク付きのコースです。

もちろんノンアルコールも選べれます。

クランベリーのカクテル(ジュース)でした。

f:id:saotrip:20210109214529j:plain

お品書きがあるとなぜか嬉しくなってしまいます。

一ノ重が和食・二ノ重洋食となっています。

f:id:saotrip:20210109214514j:plain

まずは御吸物です。

カラスミと何とかのお吸い物は上品なお味でとにかく美味しい!

何度もお代わりしたくなる美味しさです。

(もちろんお代わりしていませんよ~)

f:id:saotrip:20210109214517j:plain

メインのお重はまとめて提供されます。

f:id:saotrip:20210109214522j:plain

お刺身・ズワイガニの天婦羅などなど、文句無しの美味しさです。

手が凝り過ぎていないので、素材の味の美味しさをしっかりと頂けます。

f:id:saotrip:20210109214533j:plain

色が綺麗に出ていないのですが、卵の黄身の色が濃い!

黄色では無くてオレンジでした。

f:id:saotrip:20210109214526j:plain

二ノ重は伝助アナゴの入荷が無くてホタテです。

ホタテ好きの母は喜んでいました。

ご飯の横の長芋のお漬物が美味しい♪

どのお品もそれぞれの味わいを引き立ててある美味しさでした。

f:id:saotrip:20210109214536j:plain

更にメインのお肉迄付いてきます。

赤身のしっとりした柔らかい美味しさです。

添えてあるマッシュポテトも美味しい~

美味しいしか言ってませんが、ホントにどれも美味しいのです。

f:id:saotrip:20210109214539j:plain

デザートは芋羊羹キャラメリゼです。

少し甘さが強めだったのは、砂糖なのかお芋の甘さなのか?

母のプレートには「誕生日おめでとう」のメッセージを付けてくれました。

 

こちらのホテルに到着してからいろんなスタッフの方に母は「お誕生日おめでとうございます。」と言われていました。

申し送りがきちんとできているんですね~

 

では、次に朝食を紹介します。

繁忙期の場合は、和食・洋食と別れるようですが、通常時期はイタリアンレストランのFORNIになります。

f:id:saotrip:20210109224056j:plain

手前がバーになりそれを進んだ座席に案内されます。

f:id:saotrip:20210109224024j:plain

しっかりとアクリル版があり、コロナ対策万全です。

f:id:saotrip:20210109224028j:plain

お庭を眺めながらの朝食はいいな~

 

メニューの写真を撮り忘れたのでインルームメニューから拝借します。

席に着くと、先にコーヒー・紅茶を聞いて用意してくれます。

コーヒー飲みながらのんびりとメニューを選ぶ時間を与えてくれます。

f:id:saotrip:20210109230056j:plain
f:id:saotrip:20210109230052j:plain

洋食は数種類のパンの中から3つ+卵料理を選びます。

f:id:saotrip:20210109230139j:plain
f:id:saotrip:20210109230142j:plain

和食の場合ご飯かお粥を選べれます。

f:id:saotrip:20210109224032j:plain

和食・洋食どちらにもジュース(オレンジ・グレープフルーツ・マンゴ―スムージー)と焼きたてのクロワッサンが用意されます。

サクサクで美味しいクロワッサンですが、少しバターの風味が弱かったかな~

f:id:saotrip:20210109224040j:plain

私は洋食を選択しました。

パンはプチバケット・本日のデニッシュ・ブリオッシュです。

小さめサイズなのでペロリと頂けました。

サラダのお野菜がシャキシャキで美味しい♪

ヨーグルトにはストロベリーソースが付いていました。

f:id:saotrip:20210109224043j:plain

メインの卵料理は柚子と西京味噌仕立てのエッグベネディクトです。

トロトロ具合が絶妙の具合です。

ベーコンも入っていて見た目以上のボリュームでした。

f:id:saotrip:20210109224047j:plain

母は和食を頼みました。

本日のお魚は鯛の西京焼きです。

こちらも美味しそうだわ~

f:id:saotrip:20210109224050j:plain

この日が7日だったのでお粥は七草粥です。

後から聞くと本当にこの日しか出していないそうです。

f:id:saotrip:20210109224053j:plain

テーブルに置いてあるジャム&はちみつの容器が大きい!

他のホテルの倍の大きさはありそうです。

ホテルオリジナルなんですね。

f:id:saotrip:20210109224100j:plain

レストランの入り口には清水焼を用いたアート作品を忘れずに見て帰ってください。

春をイメージしてある作品だそうです。

 

この作品の向かいには秋をイメージしたものがあるのですが、その近くで食事を取られれる方がいらっしゃったので見に行くのは止めました。

次にチャンスがあれば見させて頂きます。

f:id:saotrip:20210109224104j:plain

1枚1枚に絵柄が入っています。

スゴイのがレストランの受付にいらっしゃったスタッフの方が、詳しく案内をしてくれたことです。

どの方も案内が出来るようにされているのかな~

 

今回の滞在では、対応力のある方ばかりに出会うことが出来ました。

こちらのホテルはハード面が素晴らしいのはもちろんですが、働いているスタッフの方の良さを感じました。

もちろん慣れてないのか、少し説明がたどたどしい方もいらっしゃいました。

それでも一生懸命さが伝わってきます。

 

次のブログでは、エクスペディア(アクティビティ)について書いていきます。

では、また~(^-^)/