2021年:マリオットプラチナ&チタン修行1泊目 ~素晴らしい修行の幕開けです。京都MITSUI・ニジョウスイートのお部屋を紹介します。 ~

こんにちは!saoです。

 

2021年マリオットプラチナ&チタン修行記念すべき1泊目は~ 

 HOTEL THE  MITSUI KYOUTO ラグジュアリーコレクションホテル&スパ

 に宿泊してきました♪ 

(名前が長いので京都MITSUIと略します。)

f:id:saotrip:20210107222734j:plain

このホテルに行かれる方は公共交通機関なんて使わないでしょう・・・

ただ、観光に行くのに地下鉄を使うよ~

と言う方のために少しご案内。

 

最寄りの地下鉄の駅は地下鉄東西線二条城前駅です。

(こちらは京都駅に行くには乗換えが必要な路線です。)

リッツカールトン京都(市役所前駅)やウェステイン京都(蹴上駅)に行くには乗換えが無いのでホテルホッピングにとても便利です。

 

二条城駅前駅の2番出口が便利なのですが、階段しか無いので注意が必要です。

京都MITSUIの公式サイトの地図では2番出口の入口がマークの下の方に感じてしまいますが、実際には左側・堀川通りに面しています。

f:id:saotrip:20210107223910j:plain

 

出口を出ると目の前には二条城の東南隅櫓が見えます。

出口を出ると右→次を右→次を左に行くと3分ほどで到着できます。

f:id:saotrip:20210107222239j:plain

風格のある300年の歴史を持つ梶井宮門が出迎えてくれます。

この門の手前が駐車場・エントランスになっていてスタッフが待ち構えています。

 

3名くらいのスタッフにお出迎えされて気後れしてしまう母娘です・・・

すぐに荷物を受け取ってくれてご宿泊ですか?と言いながらエスコートしてくれます。

f:id:saotrip:20210107222245j:plain

フラッとは入りにくいドアが待ち構えています。

この入口を入ったところで、消毒・検温をします。

f:id:saotrip:20210107224720j:plain

ど真ん中に風を題材にした作品があります。

この左側がコンシェルジュデスク・右側がフロントです。

f:id:saotrip:20210107222327j:plain

到着したのは12:40頃です。

13:00からレストランの予約をしていたので早めに来ました。

その旨を伝えると、荷物・上着を預かってくれてお部屋に運んでくれました。

身軽に行動できるのでありがたい。

チェックインの手続きをこのテーブルで座って行います。

f:id:saotrip:20210107222334j:plain

お茶と梅干&昆布がお茶うけに頂きました。

小さなアルコールスプレーも頂きます。

f:id:saotrip:20210107225619j:plain
f:id:saotrip:20210107225624j:plain
f:id:saotrip:20210107225627j:plain

口頭で説明をして頂くだけでなく紙での案内も頂きました。

これだと忘れても安心です。

f:id:saotrip:20210107222309j:plain

14:20頃 ランチ終了後、お部屋まで案内をして頂きます。

ルームキーも京都らしいケースに入っています。

 

最近はコロナ対策でお部屋までの案内が無いホテルが多いですが、京都MITSUIでは、お部屋まで案内してくれました。

f:id:saotrip:20210107230012j:plain

お部屋に到着するまでの間もホテルの紹介などをしてくれます。

今回はスイートナイトアワードのリクエストが通り、ニジョウスイートに確約です♪

ニジョウスイートは一番奥のお部屋でした。

廊下の雰囲気も素敵ですね~

f:id:saotrip:20210107222348j:plain

このホテルはやはり二条城が見えるお部屋が人気且つお高めです。

その次は中庭が見えるガーデンビュー、それ以外のお部屋が民家ビューです。

そちら側のお部屋だとカーテンは閉めっぱなしになるかな~

f:id:saotrip:20210107230849j:plain

画像出典:京都MITSUI公式サイト

ニジョウスイート | HOTEL THE MITSUI KYOTO 公式サイト

112㎡とかなりかなり広いお部屋です!!!

f:id:saotrip:20210107222344j:plain

ドアを開けるとお部屋までの玄関のスペースが広いんです!

靴を置くスペース、座わりながら履ける椅子まで用意されています。

靴を置く台の横の扉は1つ目のトイレです。

f:id:saotrip:20210107230719j:plain
f:id:saotrip:20210107230722j:plain

トイレの中に手洗い場もあるゆったりした広さです。

f:id:saotrip:20210107222352j:plain

コートを入れるためのクローゼットが玄関にもあります。

f:id:saotrip:20210107231149j:plain

お部屋に入る所でスリッパに履き替えます。

撮り忘れましたがフカフカで履き心地のいいスリッパです♪

f:id:saotrip:20210107222355j:plain

まずはリビングルームです。

2人しかいないのに椅子がたくさん~

f:id:saotrip:20210107222223j:plain

3世代が揃って団らんできそうなスペースです。

f:id:saotrip:20210107222249j:plain

2mはあるソファは座り心地抜群です。

f:id:saotrip:20210107231538j:plain

奥には二条城を眺めるお1人様用の椅子まであります。

f:id:saotrip:20210108000950j:plain

部屋の奥側から玄関方向を撮った写真です。

玄関の広さが少しは伝わるかな~

f:id:saotrip:20210107222424j:plain

藻にバーの上にはコケがありますが、これは本物ではございません。

f:id:saotrip:20210107222403j:plain

アルコールの銘柄はよくわからないのですが、カクテルを作れるシェイカーまであります。

f:id:saotrip:20210107231830j:plain
グラス・コップも目的に合わせていろいろ用意されています。

お菓子類・アルコールはもちろん有料です。

f:id:saotrip:20210107222406j:plain

コーヒーはデカフェ+2種類です。

紅茶はTWGのものが2種類です。

ここで凄いのがお部屋を案内してくれるスタッフ(ここのホテルではアンバサダーと呼ぶ)の方がコーヒーはよく飲まれますか?と聞いてくださり、もう少しお持ちしましょうか?と言ってくれました。

(お願いしたら、後4個とお水も2本持って来てくれました)

f:id:saotrip:20210107222416j:plain

冷蔵庫の中のドリンク類ももちろん有料です。

f:id:saotrip:20210107222413j:plain

ホテル価格ですが思ったよりかは高くない?

いや、高いな・・・

f:id:saotrip:20210108001142j:plain

湯沸かしケトルも用意されています。

f:id:saotrip:20210107222428j:plain

別のテーブルの上にはウェルカムスーツとお手紙が用意されていました。

緑茶・ほうじ茶はこの木箱にあります。

f:id:saotrip:20210107232617j:plain

二條若狭屋さんの和菓子です。

新年ならではの牛の絵柄が入った麩菓子せんべいもありました。

f:id:saotrip:20210107232914j:plain

お手紙は手書きです。
母の誕生日に対してのバースデーカードも手書きで用意されていました。

 

お部屋を案内してくれたアンバサダーの方はお名刺をくださいました。

入れ物も可愛い。

f:id:saotrip:20210107222226j:plain

ではベッドルームを紹介します。

f:id:saotrip:20210107222431j:plain

この部屋だけでも十分な広さがあります。

f:id:saotrip:20210107222442j:plain

壁には本やオブジェが置かれています。

f:id:saotrip:20210107222449j:plain

ベッドは2人で寝ても充分な広さがあります。

f:id:saotrip:20210107222331j:plain

ベッドヘッドの壁の模様は赤松青松が描かれているそうです。

f:id:saotrip:20210108001257j:plain

こちらの部屋にもテーブルが置かれています。

f:id:saotrip:20210107222438j:plain

綺麗な筆セットが用意されています。

f:id:saotrip:20210108001804j:plain

もったいなくて使えれませんでした・・・

f:id:saotrip:20210107222434j:plain

二条城を見ながらサラサラとお手紙が書けたら素敵ですね。

f:id:saotrip:20210107222457j:plain広いクローゼットです。

その手前には身支度に便利なスペースがあります。

f:id:saotrip:20210107222454j:plain

ここの引き出しにもドライヤーが用意されていました。

f:id:saotrip:20210107234054j:plain

クローゼットには服をたっぷり収納できます。

f:id:saotrip:20210108000825j:plain

金庫やたくさんの引き出しがあるのですが、あちこち入れると忘れものをしてしまいそうです。

f:id:saotrip:20210107222229j:plain

洗面はWシンクです。

女性2人の時はこれがありがたい。

タオルは今治タオルでフカフカです。

f:id:saotrip:20210108000738j:plain

この横に2つ目のトイレがあります。

f:id:saotrip:20210107222513j:plain

アメニティは歯ブラシ・かみそり・ブラシ・シャワーキャップ・コットン・綿棒・ボディクリーム・マウスウオッシュ・爪磨きとしっかり用意されています。

f:id:saotrip:20210107222320j:plain

高級ホテルはブラシが違います!

使い捨てにするのはもったいないのでは・・・

と思うようなブラシでした。

f:id:saotrip:20210107222236j:plain

更に、女性用基礎化粧品はお持ちですか?

とこちらがお願いする前に聞いてくれて持って来てくれました。

f:id:saotrip:20210107222503j:plain

お風呂場は総大理石です。

見た感じ硬くて冷たそうに見えますが、なぜか温かく優しい空間でした。

ヘチマ・バスソルトが用意されています。

左にあるバスピローが心地よかった~

残念だったのが自動お湯はり機能が無かったことです。

f:id:saotrip:20210107222507j:plain

シャワーはボタン一つで出ます。

レインシャワーとハンドシャワーも分かりやすいですね。

レインシャワーが気持ちいいんです!

水圧が強いわけでは無いのですが、包み込まれるような柔らかい気持ち良さです。

ミラブルシャワーと似た感じがあるかも。

 

 

f:id:saotrip:20210107235202j:plain

グレーのバスローブもフワフワで心地良かったです。
販売はまだされていないそうですが、いずれ販売予定があり既に予約が入っているそうです。

ホント気持ち良かったのですが、私のNO1はアウラニのバスローブなので、コレは2番です。

f:id:saotrip:20210107222257j:plain
f:id:saotrip:20210107222300j:plain

夜、部屋に戻るとターンダウンが終わっていました。
ベッドの上にはパジャマが用意されています。

f:id:saotrip:20210107222312j:plain

ベッドサイドにはお菓子とお水です。

スゴイな~と思ったのが時計の向きです。

寝た時に見やすい位置になるように置いてあります。

 

全体的に言えることですが、使う人の立場で考えられているお部屋です。

ホント使いやすく出来ています。

f:id:saotrip:20210107222306j:plain

ミニバーもアルコールを楽しめるように用意がされていました。

オレンジの皮はカクテルに使うのかしら?

f:id:saotrip:20210107235859j:plain

更に嬉しいのがお部屋を案内してくれたアンバサダーの方からお手紙を頂いたことです。
その方に合わせた内容での手紙を書くのは意外と大変だと思います。

ちょっとした心遣いを滞在中何度も感じることがありました。

 

宿泊料金はかなりお高めですが、私が出会ったスタッフの方々はその価値がある方ばかりでした。

f:id:saotrip:20210107222323j:plain

最後に残念な眺めのお話。

窓が北向き・東向きのお部屋は民家ビューですが、道路幅が狭いので結構近い距離に感じます。

京都らしい狭い道で電線がごちゃごちゃあるので、その向きのお部屋になった場合はビューはあきらめてください。

このニジョウスイートも一部北側に窓があるのですが、その窓は作らない方が良かったのでは・・・

と思うような眺めでした(^^;

 

次のブログでは、レストランー都季ーのランチ、朝食の紹介をします

では、また~(^-^)/