ぼちぼち旅行Blog

旅行好きでDVCメンバーになり、飛行機、ホテルステータスを狙っている主婦のブログです。日々の出来事もぼちぼち書いていこうかな♪

2018年9月 十勝岳温泉に泊まる北海道紅葉めぐり② ~ 1日目・無事に到着! 夕暮れの美瑛もおすすめです♪~ 

こんにちは!saoです。

 

大雪山の紅葉が見たい!」と言い出した母の希望で国内では修学旅行以来の団体ツアーに参加しました。

スタートから飛行機が3時間遅れるというトラブルに見舞われながらも何とか到着。

到着が遅れたから出会えた景色を楽しみました。

 

f:id:saotrip:20180930211448j:plain

13:35 当初の到着予定から3時間遅れで千歳空港に到着。

各自荷物を受け取って到着口で集合です。

 

笑顔の素敵なベテランガイドさんがお出迎えです。

バスガイドさんが付く旅行って修学旅行以来かな~

f:id:saotrip:20180930211925j:plain

14:10 富良野に向けて出発~!

参加者は13名で通常なら中型バスを用意するらしのですが、今回は大型バスでの旅行です。

一人2席利用でき全員が窓際に座れます。ゆったりしていいですね~

座席は指定で、毎日変わります。

f:id:saotrip:20181002153607j:plain

今日の予定は富田ファームでお花畑を見て美瑛でパッチワークの丘を楽しみます。

だったのですが、日没との戦いになり富田ファームは翌日に変更になりました。

f:id:saotrip:20181002154834j:plain
f:id:saotrip:20181002153513j:plain

バスの中で遅い昼食をとります。

ツアーには1日目の昼食は付いていなくてオプションで申し込みました。

(お茶付で1,180円)

ホタテが柔らかくてすっごく美味しかったです。

イクラもしっかり入っていて満足感が大きいです。

次も食べたいな~

f:id:saotrip:20181002160040j:plain

なんでもない景色に北海道を感じて楽しみます。

1時間ほど走った所でトイレ休憩です。

f:id:saotrip:20181002153015j:plain

占冠・・・しむかっぷと読みます。

外に出て感じたのはやっぱり涼しい!

多分15℃くらいだと思うのですが、空気がひんやりしています。

f:id:saotrip:20181002153002j:plain

小さな道の駅です。

f:id:saotrip:20181002153027j:plain

鹿の角が売っていました。

お土産に買って帰ったら旦那さんビックリだろな~

姪っ子達からは引かれるんだろな・・・

f:id:saotrip:20181002153053j:plain
f:id:saotrip:20181002153040j:plain

熊の肉(972円)・鹿の肉(540円)の缶詰もあります。

北海道らしいお土産にいかがでしょうか?

 

15:30 再出発です。

バスガイドさんが富良野の名所をいろいろ説明してくれます。

富良野が有名になったのは、あのドラマ「北の国から」です。

f:id:saotrip:20181002153118j:plain

ドラマの1話目に出てきた布部駅です。

緑色の屋根が分かりやすいです。

ドラマが終わって16年経つのですが、いまだにここを訪れる観光客が多いそうです。

f:id:saotrip:20181002153130j:plain

f:id:saotrip:20181002153155j:plain

車窓なのでぶれぶれですが、お花も楽しめれます。

f:id:saotrip:20181002153143j:plain

↑ 赤丸の矢印なんだか分かりますか?

ここまでが道ですよ。と言う印なんです。

ここは雪国です。冬になると境目が分からなくなる為に目印として設置されているそうです。

f:id:saotrip:20181002153207j:plain

夕日が映えますね~

f:id:saotrip:20181002153220j:plainかんのファームの近くでJALのCMで使われた嵐の木です。と紹介されたけど・・・

これか?

f:id:saotrip:20181002153234j:plain

こっちか?

バスはどんどん進んでいくのでこれ!と言うのは分からずでした。

まぁ5本あればそう見えるからいいか。

f:id:saotrip:20181002153313j:plain

17:00 美瑛の丘に到着です。

パッチワークになっていますね。

全部車窓なのがもったいない~

20年位前に一人旅で富良野を訪れてこの辺りをレンタサイクルで回りました。

電動ではなくて普通の自転車です(免許無いんです・・・)

景色は最高でしたが坂道がつらかった~

f:id:saotrip:20181002153245j:plain

親子の木 

f:id:saotrip:20181002153255j:plain

マイルドセブンの丘

f:id:saotrip:20181002153301j:plain

セブンスターの木

f:id:saotrip:20181002153326j:plain

ケンとメリーの木

f:id:saotrip:20181002153524j:plain

写真では伝わらないですが、夕日の沈む姿に大きな自然を感じました。

f:id:saotrip:20181002162905j:plain

夜には満天の星が見えそうです。

この辺りのペンションにも泊まってみたいな~

f:id:saotrip:20181002163005j:plain

休憩スポットでトイレ休憩を挟んで宿泊ホテルに向かいます。

f:id:saotrip:20181002153501j:plain

18:10 ホテル到着です。

(この写真は翌日朝に撮りました。到着時は真っ暗です)

1泊目のホテルは北海道1の標高の高い場所にあるホテル十勝岳温泉 凌雲閣です。

【公式】十勝岳温泉 凌雲閣

 

絶景露天風呂がこの宿の最大の魅力なんですが、到着した時には真っ暗だったので絶景は翌日の楽しみにします。

f:id:saotrip:20181002153532j:plain

夕食の時間や案内は紙で頂けるので聞き間い、勘違いがおきにくいからいいですね。

夕食まではお部屋でくつろぎます。

f:id:saotrip:20181002153604j:plain

1階にフロント・売店・レストランがあります。

館内は靴を脱いで入ります。

f:id:saotrip:20181002153535j:plain

お部屋は夫婦岩です。

親子参加ですが夫婦岩~♪

f:id:saotrip:20181002200021j:plain

お部屋は全て2階にあります。

赤枠のお部屋が紅葉を目の前に見られる部屋です。

 

では、お部屋紹介です。

f:id:saotrip:20181002153402j:plain

f:id:saotrip:20181002153449j:plain

昭和の時代を思わせるお部屋です。

おばあちゃん家に遊びに来た。そんなイメージです。

f:id:saotrip:20181002153437j:plain

窓そばにあるのはヒーターです。

自動運転のようで夜中にいきなりウォ~ンと動き出してうるさかった~

f:id:saotrip:20181002153426j:plain

お水しか出ない洗面所です。

歯ブラシ、ドライヤーはあります。

部屋にトイレ・お風呂が無いので他のアメニティはありません。

f:id:saotrip:20181002153338j:plain

床の間に金庫があります。

この金庫使い方の説明は無くややこしい・・・

使う場合はフロントに言うと部屋まで来て説明してくれます。

使い方の紙を置けばいいのにな~

f:id:saotrip:20181002201427j:plain

扉を開けると布団が入っています。

夕食を食べている間に敷きに来てくれます。

家族経営のようで高校生くらいかな?息子さんとお嬢さんがお手伝いされていました。

f:id:saotrip:20181002153414j:plain

温泉饅頭もあります。

冷蔵庫内は空です。

自販機があるので購入したものを冷やせます。

 

では、夕食を紹介します。

ツアーでの夕食は宴会場のような場所でした。

座席は決まっていましたが、席に着いた人から自由に食べて終わったら自由に部屋に戻る。と行った感じで自分たちのペースで動けます。

(もちろん開始時間は19:00と決まっています)

富良野産の食材を使った和会席料理です。

f:id:saotrip:20181002153538j:plain

ご飯・お味噌汁・お茶はセルフサービスです。

f:id:saotrip:20181002153542j:plain

ワンドリンクが付いていて、ビールかジュースを選択します。

ジュースを選ぶと富良野産のニンジンジュースです。

f:id:saotrip:20181002153548j:plain

お刺身は3種盛りですが、ちょっと残念な味でした。

北海道の中心だし、お魚より新鮮な野菜がいいかな~

f:id:saotrip:20181002153545j:plain

富良野ポークの陶板焼きです。

柔らかくジューシーな美味しさです。

f:id:saotrip:20181002153558j:plain

鶏肉のきのこあんかけ(名前は適当)

お刺身以外のお料理は美味しくてとても満足いくものでした。

 

 

 

絶景は見えない夜ですが、お風呂に入りに行きます。

f:id:saotrip:20181002204302j:plain

お風呂は男女共内風呂1箇所・露天風呂1箇所で、20:00に男女が入れ替えです。

20:00って微妙な時間ですよね。

翌朝に替えればいいのにな~

f:id:saotrip:20181002204432j:plain

脱衣所内に貴重品ロッカーはありますが、宿泊者も100円必要です。

(登山客に日帰り温泉として人気の宿です。)

ルームキーはフロントに預けることも出来ます。

タオル等は部屋から持っていく必要があります。

f:id:saotrip:20181002204722j:plain

内風呂です。

露天とは泉質が異なるそうです。

鉄分が強く特徴のある温泉です。

f:id:saotrip:20181002153601j:plain

露天風呂からの景色です。

月が綺麗に見えます。

星も少し見えましたが、月明かりが強すぎて星空までは見えなかったです。

新月の時なら満天の星空が見えるかも。

 

長かった1日目も終了です。

ホントなら16:00前にお宿に到着して、紅葉を見ながらお風呂にのんびり入ってもらう。といったスケジュールだったようですが仕方ないですね。

明日の朝を楽しみにして眠りにつきます。

 

次のブログでこのお宿の絶景露天風呂を紹介します。

では、また~(^-^)/


国内ランキング