2019年11月 京都リッツカールトン・宿泊記 レストラン(水輝天ぷらランチ)を紹介します。

こんにちは!saoです。

 

11月の紅葉シーズンに京都リッツカールトンに宿泊してきました。

 

f:id:saotrip:20191212214956j:plain

京都リッツカールトン内には大きく分けて4つのレストラン&バーがあります。

・ラ・ロカンダ:イタリア料理

・ザ・ロビーラウンジ:カジュアルにいただける軽食

・ザ・バー:バー

・水輝:和食(会席・天ぷら・寿司・鉄板)

f:id:saotrip:20191211202934p:plain

マリオット会員であれば割引きがあることが多いのですが、天ぷら・寿司・鉄板料理は割引き対象外です。

それは知っていたからいいのですが、更に、割引きのあるレストランでも繁忙期にあたる時期はどのレストランでも割引が無いので注意が必要です。

 

今回訪れたのは水輝の天ぷらランチです。

f:id:saotrip:20191211202134p:plain

地下1階にある和食レストラン水輝は大きな部屋ですが、食事する内容により場所が異なります。

会席料理はテーブル、天ぷら・寿司・鉄板焼がそれぞれ別のエリアでのカウンターになります。

会席以外は座席数が少ないので予約必須となります。

f:id:saotrip:20191211200645j:plain

ミシユランガイド1つ星を2年連続で獲得しているそうです。

f:id:saotrip:20191211200640j:plain

料理はコース料理のみで9,000円・12,000円・16,000円・21,000円です。

もちろん税金・サービス料金(15%)は別です。 

f:id:saotrip:20191212215908p:plain

予約したのは一番リーズナブルな茜です。

それでも税金・サービス料金を含めると11,000円越えます。

ソフトドリンクが1,000円~と言ったところです。

モルディブなみの料金ですが、料理のグレードはもちろんこちらが素晴らしい!

f:id:saotrip:20191211200649j:plain

目の前で職人さんがせっせとエビの下処理をされています。

f:id:saotrip:20191211200652j:plain

先付けは綺麗なガラスの器で出てきます。

f:id:saotrip:20191211200657j:plain

 蟹タップリの酢の物です。

うちの旦那さん、家では酢の物食べないのにこれは食べていました~

f:id:saotrip:20191211200700j:plain

先付けを食べ終えた頃に今日の天ぷらの食材を説明してくれます。

f:id:saotrip:20191211200724j:plain

天ぷらには種類の塩(大東島の塩、淡路の藻塩、京都の黒七味塩)、レモン、天つゆ、タップリの大根おろしが用意されます。

食材に合わせてお勧めの食べ方を教えてくれます。

f:id:saotrip:20191211200705j:plain

 まずはカラっと揚がった車海老の頭です。

カリカリして美味しい♪

f:id:saotrip:20191211200709j:plain

まっすぐに伸びた車海老。

言うこと無しの美味しさです。

f:id:saotrip:20191211200712j:plain

レンコン

ホクホク感が違う~

f:id:saotrip:20191211200716j:plain

太刀魚

塩焼きでしか食べたことが無かったのですが、こんなに身が分厚いのは初めて見ました。

f:id:saotrip:20191211200719j:plain

ここでお口直しのサラダです。

梅ドレッシングが口の中をさっぱりしてくれます。

f:id:saotrip:20191211200728j:plain

 

f:id:saotrip:20191211200732j:plain

聖護院かぶらにはからすみがかかっています。

かぶらの天ぷら?と思いましたが、油っこくなくホクホクと仕上がっています。

f:id:saotrip:20191211200736j:plain

かますです。

こちらは専用の醤油を付けていただきます。

言うこと無しの美味しさです。

f:id:saotrip:20191211200740j:plain

かんざし人参

人参の甘さが際立っています。

f:id:saotrip:20191211200744j:plain

こちらは伝助穴子

ふんわりした美味しさです♪

f:id:saotrip:20191211200748j:plain

サツマイモなんですが、名前が・・・?

確か”密”という字が付いていたような・・・

ムチャクチャ甘いんです。

これはデザートですか?!

と言いたくなるくらいの甘さでした。

f:id:saotrip:20191211200751j:plain

最後は車海老のシソ巻きです。

爽やかなシソの美味しさとエビの甘さを味わえます。

 

どれも全て美味しいです。

当たり前ですが家では出せない味です。

f:id:saotrip:20191211200755j:plain

天ぷらの後はご飯ですが、天茶漬けかかき揚げ丼かを選びます。

悩んだ末、かき揚げ丼にします。

f:id:saotrip:20191212223507j:plain

付いてくるお漬物の彩がきれい。

京都のお漬物はホント美味しいです。

f:id:saotrip:20191211200759j:plain

かき揚が揚がるとスタッフの方がご飯の上に乗せてくれます。

こんな美味しいかき揚げを食べたこと無いです。

サクサクしていて全然油っこくない!

素材の味もしっかり味わえます。

 

このかき揚げ丼だけ出してくれないかな~

単品で食べに行きたい!

f:id:saotrip:20191212224005j:plain

旦那さんは天茶漬けを注文です。

隠し撮りのようになっていますが・・・

 

かき揚げは同じ物ですが、こちらはお出汁をかけて頂きます。

かき揚げがふんわりしてふわふわの美味しさを味わえます。

どっちも美味しいな~

 

庶民的な発想で言うなら”どん兵衛そば”の天ぷらを後乗せサクサクが好きな人はかき揚げ丼で、先入れが好きな人は天茶漬けをお勧めします。

f:id:saotrip:20191211200807j:plain

シメのデザートはピエールエルメです。

スプーンの置き方に違和感を感じますか?

私は左利きなのですが、左手で食べているのに気付かれて、デザートの時はその方向に置いてくれました。

これをしてくれるところは、中々無いんですよね~

京料理の和久傳ではしてくれました。)

f:id:saotrip:20191211200803j:plain

ミニパフェのようになっています。

胡桃と・・・なんだったかな~

とっても美味しいアイスでした。

2週間も過ぎると記憶が曖昧になっています・・・

 

10,000円を越えるランチですが、満足度はかなり高いです。

美味しさだけでなく目でも楽しませてくれたり、空間を味わえたりとトータルで考えると、このお値段に納得できます。

また行きたいな~

 

では、また~(^-^)/

 
旅館・ホテルランキング