初の青森・奥入瀬紅葉旅行・準備編① 調べることは大切です!観光タクシーが激安に!!

こんにちは!saoです。

 

母が以前から行きたいと言っていた青森・奥入瀬の紅葉。

いつか行きたいね。

なんて話してたら、8月に転倒して緊急入院しちゃいました。

幸い検査入院だけで問題なかったのですが、体が元気なうちに行っておかないと散策できなくなる。

という事で奥入瀬旅行計画です。

 

当初はツアーで行く予定でさがしたのですが、ツアーだと見どころ沢山すぎて結構あわただしい・・・

ホテルも連泊の所が少ない・・・

しかも京都から新幹線で行く。

青森に着くまでに時間がかかり過ぎ(´Д` )

 

もちろんツアーならではの盛りだくさんな部分、効率の良い移動など、いい部分もあります。

今回は奥入瀬の景色をたっぷり楽しみたい。

という事で個人旅行に決定です。

 

ホテルは奥入瀬に泊まりたい。

hoshinoresorts.com

奥入瀬で人気の高い星野リゾートに決定です。

1か月半前の予約では人気の露天風呂付のお部屋は埋まっていました・・・

f:id:saotrip:20211014114811j:plain

※画像引用:星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル【公式】 | Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel

最初の予約は”渓流和室”お部屋から渓流が見れるのは良いけど、室内の段差が気になる・・・ 

これは意外と使いづらいかも。 

f:id:saotrip:20211014114804j:plain

と考えていたら、数日後に”渓流特別室”の空きが出たんです。

しかも渓流和室と1泊1000円しか違いません。

 

ただ・・・写真を見て分かるように特別室はリフォーム前で年季を感じるお部屋です。

電話で変更依頼した時も、その説明がありました。

 

連泊するのでお部屋での滞在時間も多いだろうし、2面に窓があるのは開放的です。

水回りの古さが気になるけど、露天風呂に入りに行くからそんなに問題ないかな~

とこちらに変更決定です!

 

星野リゾートではアクティビティが充実しているので、それに参加すればガイド付きだし良さそう♪

アクティビティ一覧 | 星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル【公式】 | Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel

自分でスケジュールを組み立てれるのもいいですね。

 

問題はホテルまでの移動です。 私たちがホテルへた車の免許が無いのでレンタカーは無料。

ホテルからは無料送迎が出ているのですが、青森駅まで1日1本のみ。

f:id:saotrip:20211014124015j:plain

青森空港に10:40に到着するのに、時間がもったいない~

青森市内を観光することも考えましたが、送迎バスで行くとホテル到着は16:30ごろかな。

すぐに日が暮れるから初日は景色が楽しめないのは勿体ない!

 

という事で色々探しました。

・路線バスで行く

時間がかかるうえ荷物があると周りに迷惑かも。

・タクシーで移動

定額タクシーが空港から12,500円である。

 

それならば観光しながらホテルへ行くのはどうか?

と考えて観光タクシーを調べてみました。

 

〜自分で組んだスケジュール〜

11:00 青森空港スタート 15:00頃にホテル到着

・八甲田ロープウェイ

・城ヶ倉大橋

・蔦沼 

この3カ所を観光希望

 

A社・・・30,000円 時間延長別料金

B社・・・観光タクシーの場合は出発地と到着地が同じ地域でないといけないのでメーター料金になる。  このプランだと24,000円位と思われる

う~んB社が安いけど、渋滞で時間がかかると困るしA社かな~

 

もう少し探して見つけたのが個人タクシー協同組合です。

aokotaxi.web.fc2.com

こちらに見積もりを出してもらうと、何と15,000円のびっくり価格です。

もちろん高速代などは別料金ですが、何かの間違いでは無いかと思うくらい安いのです。

あまりの安さに1台料金では無くて1人当たりの料金か?

延長の場合はどうなるか?

など確認しました。

メールでやり取りしたので文面が残るので安心です。

コロナ収束が不明な時に申し込んだから、特別価格だったのかな?

 

ホントにこの価格で、やってくれるそうです。

契約成立後は運転手さんと直接やり取り出来るので、細かい要望も出来るから安心です。

 

観光タクシーだと自分たちだけの時間でゆっくり観光できるのがホントありがたいです。

後は紅葉がどうなるかです。

急に寒くなって紅葉が進むようなのでちょっと心配(^^;

天気と紅葉の具合に左右されそうですが、天気予報に一喜一憂しちゃいそうです。

 

では、また~(^-^)/