京都人はパン好き! 有名どころのパンをとってもお得に買える工場直売店を紹介します。 進々堂・アンデ

こんにちは!saoです。

和食文化のイメージが強い京都ですが、パンの消費量が日本一になったこともあるくらい京都人はパン好きです。

 

もちろん私もその一人で、パンが大好きです。

と言っても美味しいパンは結構なお値段がします。

でも食べるなら美味しいのがいいかな~

 

そんな時にお勧めなのが、工場直売店です。

いわゆるアウトレット商品なんですが、素人目には全く分かりません。

普通のパン屋さんにしか見えないのにお値段半額と言う嬉しさです。

 

残念ながら観光に来られた方がフラッと行くには不便な場所ですが、車で来られたなら是非帰りに寄ってみて下さい。

では、2軒のパン屋さん『進々堂』『アンデ』の工場直売店を紹介します。

両方売り切れ次第終了なので早めに時間が無難です。

 

店名

 進々堂

京都に住んでいてここのパン屋を知らない方はいないでしょう。

と言うくらいなじみのあるパン屋さんです。

昔からの正統派のパン屋さんで、安心できる美味しさを味わえます。

定番の食パンは京都市内のスーパーにも卸されていて、どこでも手軽に買うことが出来ます。

www.shinshindo.jp

また、京都市内にはいくつかカフェがあり、手軽にパンの美味しさを楽しむことが出来ます。

早朝から営業しているので宿泊したホテルに朝食が付いていない場合は、こちらに行くのもお勧めです。

 

◆場所:京都地下鉄十条駅 徒歩10分 京阪電車 上鳥羽口 徒歩10分

◆住所: 〒612-0009 京都府京都市伏見区深草西川原町20−1

◆営業時間:10:30~15:30(日曜日のみ14:30)

◆定休日:年中無休

◆支払い:現金のみ

f:id:saotrip:20210717215301j:plain

15:30迄ですが、売り切れ次第終了なので行くときはお早めに!

f:id:saotrip:20210717215304j:plain

駐車場ありますが3台のみです。

コロナ対策で5名迄の入場制限がある為、少し時間がかかります。

特に家族で行く場合は注意が必要です。

店内に4名いる場合は2人連れは入れません。

1人の客が出てから入ることになるので、無駄に待ち時間が増えます。

待ち時間が出ている時は、代表者1名で買いに行くのがお互いにいいのでは~

と感じました。

f:id:saotrip:20210717215254j:plain

10:30オープンの少し前に到着したら既に20名ほどの列が出来ていました。

日よけは無いので真夏は辛いかも。

f:id:saotrip:20210717215258j:plain

11:00 ようやく順番が来て店内に入れました。

待ってる間もどんどん列が伸びていきました。

(この日は土曜日なので人が多かったのかも)

 

写真撮影に時間をかけてられないので、選びながら雑に撮りました・・・

f:id:saotrip:20210717215307j:plain

値段見て「安っ!」と思わずつぶやいてしまいます。

食パン類は大体半額ほどです。

f:id:saotrip:20210717215334j:plain

醍醐味 | 商品情報 | 進々堂

進々堂の人気食パン『醍醐味』です。

こちらも半額以下の160円で購入できます。

今はやりの生食パンでは無く、トーストすることでより美味しさを味わえる。

そんな正統派食パンです。

f:id:saotrip:20210717215318j:plain

工場ならではのハーフサイズも販売されています。

先ほどの『醍醐味』もハーフサイズ80円です。

 お試しにハーフサイズを色々買ってもよかったな~

f:id:saotrip:20210717215310j:plain

ロールパンなどのプチパンは1袋100円です。

数は確認していなですが、10個近く入っていそうです。

次はこちらも買わなくては!

f:id:saotrip:20210717215315j:plain

1つ150円~250円のパンが3つで200円!!!

これは安すぎませんか?びっくり価格です

f:id:saotrip:20210717215321j:plain

取りやすいように同じパンが奥の部屋にも置いてあります。

f:id:saotrip:20210717215331j:plain

3個200円のパンはどれにしようか決められないほどの種類がありました。

f:id:saotrip:20210717215327j:plain

写真撮るの忘れたのですが、↑ 写真の左に切れている所に冷蔵ケースが写っています。

サンドイッチも販売されているのでランチ用に購入するのもいいかも。

f:id:saotrip:20210717215337j:plain

レジカウンター奥には長~い食パンが並んでいます。

f:id:saotrip:20210717215340j:plain

パンドミー・醍醐味(ハーフ)・調理パン3個購入しました。

f:id:saotrip:20210717215344j:plain

380円です。

このお値段を知ってしまうと他では買え無くなってしまいます・・・

食パンを買うならここに決定です。

 

アンデ

京都にはデニッシュ食パンのお店が多いです。

元々はボロニャ(ボローニャかも?)だけだったと思うのですが、人気が出たためか多くのデニッシュ食パンのお店があります。

そんな中、工場直売のお得な店舗があるのが『アンデ』です。

ande.co.jp

 

◆場所:近鉄電車丹波橋駅 徒歩25分 (京阪電車も同様)

◆住所:〒612-8392 京都府京都市伏見区下鳥羽北ノ口町58

◆営業時間:10:00~13:00/13:30~17:00

◆定休日:日曜日

◆支払い:未確認

コロナ禍で店内に入れるのは1組ずつです。

(とっても小さな店舗です)

f:id:saotrip:20210717231401j:plain

画像出典:ANDE 京都生まれのデニッシュパン【デニッシュ食パン専門店】

写真を撮ったはずがなぜか無いので公式サイトからお借りしました。

 

こちらの店舗はアウトレット品が半額、正規品が20%割引で買えます。

定番のプレーンデニッシュ1,080円(2斤サイズ)が540円で買えるのはかなり嬉しい。

また、季節のデニッシュもいろいろあり、定期的に行くのが楽しみです。

 

ただ、アウトレットなので、どのパンがあるかは行ってのお楽しみです。

買いたい種類が無い時も・・・

f:id:saotrip:20210717215347j:plain

定番のプレーンとメープル(ハーフサイズ)を購入しました。

美味しいのは言うまでもないですね。

デニッシュパンはカロリーが高いので、毎日食べると大変なことに!

時々のお楽しみにします。

 

また、お得なお店を見つけたら紹介します。

では、また~(^-^)/